スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

以前と同じ被写体を撮ってみる 

_F0N1335-PBG4KEY2.jpg


先日、”はじめての1枚”という記事で愛用しているMacの写真をご紹介しました。
そしてその写真を撮ってから1ヶ月が過ぎました。

今の自分が撮るとどんな写真になるのだろか?
考えるより撮ってみるっ!!、なんて感じで撮ってみたのがこの写真です。

どうしても比較してしまうところですが、結果はどちらの写真もお気に入りです(^^v

”はじめての1枚”は、Mac特有のリンゴマークのキーを強調したくて、絞り開放にしました。(正確にはそれしか思いつかなかった。。。)
今回は少し絞り、リンゴマークの強調を保ちつつまわりのキーを多く写し込み、
光の入り方を意識してアルミの質感を出せるように撮ってみたつもりです。

撮ってみて思ったのは、どちらのほうがいいとかそういうことではなく、
同じ被写体を撮ったのに同じ写真にはならないのだということ。

ひかりの加減など撮影環境の違いはもちろんなのですが、
撮る人がその瞬間にどのようにその被写体をどう伝えたいのか。
それがその一瞬一瞬違うものなんだと思います。


Powered by EOS-1D MarkII N & EF24-70mm F2.8L USM (RAW,ISO800,F4.5,1/640,AF)
スポンサーサイト

[ 2006/02/23 23:36 ] 写真 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

maxie

Author:maxie
ひかり・・・
綺麗な景色、ヒト、生物、モノ、
すべては光があるから見えるもの。
いつも身近にひかりを感じていたい。

そんな願いを込めて、、、
Primary☆lights

なんてね(^^v

訪問者数
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。